FC2ブログ

北朝鮮の非公然工作組織『洛東江』|【田中実拉致事件】第2回

※この記事は最後まで無料でお読みいただけます。

田中実(政府認定拉致被害者)
昭和24年(1949年)7月28日生れ、神戸市出身。彼の幼い時に両親が離婚、神戸市内の養護施設で育つ。神戸市立高羽小学校、鷹匠中学校、神戸工業高校を卒業の後、市内のパン製造会社に就職するが退職、失踪直前は阪神「青木」駅近くの中華料理店「来大」の店員として働いていた。そして平成8年(1996年)に発刊された、「文藝春秋」(平成9年1月号)に、神戸市在住の在日朝鮮人、張龍雲(チャン・ヨンウン)が、自らが北朝鮮工作機関「洛東江」のメンバーであったことを告白して、同組織の韓竜大(ハン・ヨンデ)と曺廷楽(チョウ・ジョンガリ)が共謀の上、昭和53年(1978年)6月6日に田中さんをウィーンに連れ出し、モスクワを経由して平壌へ拉致したことを暴露した。韓は彼が務める中華料理店「来大」の経営者だった。平成11年(1999年)には、「洛東江」の謀略を詳述した張氏の著書「朝鮮総連工作員-黒い蛇の遺言状」が小学館文庫より出版された。平成17年(2005年)4月27日、田中実は拉致被害者認定。当初北朝鮮は田中実について入国の事実なしと回答していた。平成30年(2018年)日本政府は、平成26年(2014年)の接触時に北朝鮮側が、田中実の入国を認めたと、明らかにした。


本回は田中実拉致事件の第2回目。第2回目では北朝鮮の非公然工作組織・洛東江の実態や構成メンバーに迫ります。

北朝鮮の非合法工作組織・洛東江


ここに示したチャート図(2019年2月15日付けで一時削除。ご不便をお掛けしまして申し訳ありません)は、田中実拉致事件に関係する人々の相関関係を表したものである。前号では、故・張龍雲の未亡人から日記を入手したことを報告した。その日記に記載されている内容をひとつひとつ調べて、ウラ取りをしていくという気が遠くなるような取材が続いた。チャート図はその課程で入手したものである。田中実の幼なじみである金田龍光など、後の実行犯への直撃と刑事告発に繋がる決定的な内容が載っている。

「これまで、チャート図があることは知らなかった。やはり存在していたのですね。驚きました。金田龍光さんのことも詳しく書いていますね。二人は両親の愛情も知らないまま、施設で育ちましたよね。その施設で育った女性、山口さんのことも書いていますね。彼女との接触もしているのでしょう・・・」これは私からチャート図を見せられた関係筋が語った感想である。「う〜ん」とうなり声をあげて驚きを隠さなかった。それを見て私は「当たりだ」と確信した。いよい非公然組織洛東江の概要が目前に浮かび上がってきた。最重要人物であり故・張龍雲の著書で名指しされていた曺廷楽の住所地も判明した。

神戸市灘区の閑静な住宅街にある曺廷楽自宅への張り込みが始まった。大きなガレージを備えた邸宅である。表札は2つ掲げられていた、「夏山」と「卞(ベン)」だ。夏山は曺の通称であり、卞は娘婿の姓である。後日談であるがこの娘婿は日本政府が実施した経済制裁で、北朝鮮への渡航が禁止された科学者である。張り込みは1週間を越えたが曺の姿を捉えることは出来なかった。別宅があるのかと考えながらもひたすら待ち続けた。

フライデー編集部の別動班は、張龍雲未亡人から入手した情報により、山形市内の居場所を探していた。もう一人実行犯として名指しされていた韓龍大(ハン・ヨンデ)の居場所は、すぐに特定された。青森県八戸市内に愛人と暮らしていた。

救う会兵庫の長瀬は、張龍雲から入手した裁判資料に基づき曺を追っていた。非公然組織洛東江は、数々の資金調達を詐欺まがいの手法で実施していた。その課程で首謀者曺は、北朝鮮へ送るべき資金の元となる資産を着服していたのである。それが山形市内のパチンコ店サンパルエースである。生前張龍雲は裁判所へ曺を引きずり出そうとしていた。

長瀬からの情報は、直ちに山形市の別動班へ伝えられた。また、八戸市内で判明した韓の居場所は、長瀬を通じて救う会へ伝えられ、救う会は八戸市集会の準備に着手していた。この頃から長瀬との連絡は日課となっていた。

張龍雲の著書「朝鮮総連工作員 黒い蛇の遺言状」には、洛東江が行った資金調達が赤裸裸に語られているが、その一つに「十文字山事件」がある。事件の概要は、在日朝鮮人の専用墓地を造成するという架空の計画をでっち上げて、朝鮮商工会に加盟する在日朝鮮人経営者たちから出資金を募って、計画を破綻させるというものだった。十文字山は神戸市東灘区に実在する土地で、甲南大学の北側に位置している。現在は宗教法人の施設となっている。また、住職としての僧侶や、墓石業者までもが計画に名を連ねており、それぞれ実在する。非公然組織洛東江は、朝鮮総連内部に組織されていたが、総連の統制は一切及ばない。北朝鮮から指揮命令を直接受けていた。この事件を見ると、総連も商工会も食い物にするその様子がよく分かる。そして、ついにこの墓石業者の所在地が判明した。姫路の「飾東霊園」である。

洛東江と霊園事業の金儲け


曺への張り込みをしていた時期よりも後、飾東霊園への取材を開始した。先ずは管理人へ電話による取材申し込み、当然拒否された。現地へ赴き聞き込みからスタートした。「あの霊園は在日朝鮮人の人たちが眠るところです。墓参者とは、一切喋ったこともないですよ。ただ車は黒塗りです。夕方前には帰ってしまう様です。そんな人たちが集まる場所です・・・」周辺住民の感想である。霊園に車を横付けしたままでは目立つので、徒歩で霊園へ向かった。管理人らしき人物が応対に出てきた。日本人のようであった。

「ここの墓は在日韓国、朝鮮人の裕福な人がほとんどです。墓はそれぞれ、形も違うし墓碑銘は多くが朝鮮語です。ここを運営している人たちは、数年前まではよく来ていましたよ。本堂の集会場に集まって会議をしていたようです。」と気さくに話してくれた。周辺住民への聞き込みと管理人へのインタビューで分かったのはここまでである。

「運営者が集っていた・・・」なぜ今は集まらないのか、何を話していたのか、洛東江へ迫るべく取材を進めると、そこへ集っていたという関係者に辿り着いた。

「毎日、毎日ね。麻雀をしていた。運山開発と言う会社を持っていた。神戸市内の寺を巡り、開発事業もしていましたね。張本さん、韓さん、それに怖い曺さん。そして他に数人いた。彼らは何かあれば夕方から姫路市内へ車を走らせ、遊んでいましたよ。金回りは相当良かったのでは。そら霊園内の墓から墓に行く道まで、お客さんに売るのですからね。墓面積が広い人は金持ちですから、管理費も高く取っていました。墓を建てることも出来ない道まで霊園一等地でしたね。時代がそうさせたのか、それともカネの出どころがあったのか・・・」

関係者の証言である。取材メモから書き起こしているので、ほぼこの通りに語られた。バブル景気に支えられ巨額資金が流れていた一端が伺える。

ここまで調べて、やっと公安関係へのウラ取りが可能になる。彼らは手ぶらで行っても何も喋らない。血と汗の結晶と言っても過言ではない取材結果を持って行くと、にっこり笑って話してくれる。飾東霊園から判明した今回のおみやげについて、関係者は次の様に語った。

「霊園で儲けるだけ儲けた。それからは、新たな開発事業と称して十文字山に着手、一山当てようともちかけた。何せ相手は商工人グループの会社経営者たちですからね。取れるだけ取ろうとして、朝銀の裏番を押した手形を集める。彼らはただの集金人とは違う。北朝鮮直属の仕掛け人、北朝鮮工作員ですから。総連すら彼らには何も言えない。洛東江と同じような非公然組織で、かつて存在した大同江グループより、かなり厳しいカネ集めをしていた。頭の回転も早い。狙いを決めたら、一気呵成して集中する。彼らは後ろに手が回らないことも知っていたようだ。」

洛東江は、飾東霊園の事業で仲間に引き入れた商工人に甘い汁を吸わせ、実体のない十文字山開発への巨額融資をもちかけていたのである。洛東江そのものは5人で構成され、曺が首謀者、手下は韓と日本名坂本某さらにもう一人、そして張龍雲(張本龍雄)であった。


次号第3回は、ガセネタ「私が会計係です」をお送りします。周辺取材で騒がしくなっていく中、自ら名乗り出てきた会計係とのやりとり、そして田中実と金田龍光とはどんな青年だったのかについて報告します。

コメント

非公開コメント
Profile

佐村多賀雄

samurajournal

大阪芸術大学卒。地方紙記者、講談社フライデー、そして週刊現代を経てフリーに。週間フライデー拉致犯追跡チームにて拉致実行犯に対し直撃取材を何度も試み、多くのセンセーショナルな記事をあげる。その膨大な取材量と捜査員など関係者一同からの聞き取り調査は、現在においても色あせることはない。『なぜ犯人が捕まらないのか❓』という疑問に対し、現場の最前線でこの20年近く向き合い続けてきた、拉致事件を専門に扱う異色のジャーナリスト。

Search

検索フォーム

RSS

RSSリンクの表示

QR Cord

QRコード

QR