FC2ブログ

ニセ会計士・金氏との接触|【田中実拉致事件】第3回

※この記事は最後まで無料でお読みいただけます。

田中実(政府認定拉致被害者)
昭和24年(1949年)7月28日生れ、神戸市出身。彼の幼い時に両親が離婚、神戸市内の養護施設で育つ。神戸市立高羽小学校、鷹匠中学校、神戸工業高校を卒業の後、市内のパン製造会社に就職するが退職、失踪直前は阪神「青木」駅近くの中華料理店「来大」の店員として働いていた。そして平成8年(1996年)に発刊された、「文藝春秋」(平成9年1月号)に、神戸市在住の在日朝鮮人、張龍雲(チャン・ヨンウン)が、自らが北朝鮮工作機関「洛東江」のメンバーであったことを告白して、同組織の韓竜大(ハン・ヨンデ)と曺廷楽(チョウ・ジョンガリ)が共謀の上、昭和53年(1978年)6月6日に田中さんをウィーンに連れ出し、モスクワを経由して平壌へ拉致したことを暴露した。韓は彼が務める中華料理店「来大」の経営者だった。平成11年(1999年)には、「洛東江」の謀略を詳述した張氏の著書「朝鮮総連工作員-黒い蛇の遺言状」が小学館文庫より出版された。平成17年(2005年)4月27日、田中実は拉致被害者認定。当初北朝鮮は田中実について入国の事実なしと回答していた。平成30年(2018年)日本政府は、平成26年(2014年)の接触時に北朝鮮側が、田中実の入国を認めたと、明らかにした。


本回は田中実拉致事件の第3回目。第3回目では近づいてきたニセ会計士の金氏の目的と、拉致被害者の田中実・金田龍光氏に関する最新情報に関して語ります。

ニセ会計士の金氏現る!?


私たちフライデーによる取材攻勢は、洛東江とその周辺部を大いに動揺させた。洛東江メンバー5人と判明したのもずいぶん後になってからのことであり、取材当初は何人いるのか分からなかった。そんな折、「洛東江の会計をしていたのは、この僕や。在日で初めて税理士の免許を取ったから、目をつけられたんや!」と言って、編集部まで名乗り出てきた男がいた。

tanakaminoru

平成15年(2003年)8月8日発売フライデーの記事。背を向けて座る男が金である。誌面ではAと表記した。田中実は1000万円で売られたとか、拉致会議がもたれたなどと、語るがガセネタと判明。が、朝鮮商工会で事務屋として長く勤務した経験はあった。周辺筋より私たちの動きを探るために送り込まれた可能性は高い。


70歳代とみられるその男は、金と名乗り神戸市葺合区に居住と言った。同区は昭和55年(1980年)に生田区と合併して中央区になっている。いまだに葺合区という地名を日常的に使うところから、地元の人間かもしれない。しかし非公然組織の者が名乗り出てくるとは、にわかには信じ難い話だった。デスクのFに判断を仰いだ。取材続行と指示された。

指定されたJR神戸線新長田駅へ行くと、金が待っていた。まだ日の高いうちだったが、居酒屋へ連れていかれた。酔っぱらう前にと思ったので、洛東江メンバーについて聞いたが、曺のことは知らなかった。ビールを飲んで顔が赤くなってくると、妙にソワソワし始めたので、どうかしたのかと心配していると、家族から電話が入った。「いつまで飲んでるんや」と叱られたようだった。洛東江における自らの地位や、任務の重要性についてはじょう舌に語っていたが、最後まで信用できなかった。そして念のために田中実拉致事件に触れた瞬間、彼は豹変して「それは聞いてない。会計だけをしていたと言ったやないか。そんなこと知らんわ」とまくし立てた。

洛東江取材で知り合ったある在日の人に、金のことを聞いてみた。「在日初の税理士、そんなんウソや。初めて税理士になったんは東京の人やで。それに、その話がほんまやったら総連本部の税理士になっているはずやで。」と明確なニセモノ判定が下った。やはり騙された、まんまとタダ酒を呑まれてしまった。それでも分かった事があった。金は総連のロートルで、昔の仲間からネタを仕入れては飲食を繰り返しているらしい。今は無職であるが、何とか生活していけているのは、それなりに彼を利用している人間もいるということであった。金は単に酒をたかろうとしたのではなく、私たちの何かを探ろうとして近寄って来たと見るべきで、その依頼主こそが洛東江とその周辺部であろう。取材対象は明らかに動揺していた。そういう実態を把握できたという点で、金との接触にも成果はあったのである。


田中実と金田龍光はどんな青年だったのか(最新情報)



偽会計係の金との接触は20年近く前の事、取材メモから本稿を書き起こしている。その当時は分からなかった田中実と金田龍光の人となりについて、つい最近関係者のインタビューに成功した。

彼らが頻繁に出入りしていた店の中に「本庄寿司」という寿司屋があった。田中実が拉致され出国した後、弟分の金田龍光に宛てた手紙で「早くおまえも来い・・・」と書いてあったのを、金田自身が「本当に兄貴の手紙か?」と疑っていたという重要な場面が展開された現場である。今回は、本庄寿司の元従業員への取材から見えてきた二人の性格について報告する。

元従業員は、「田中は博打好きだったね。毎日の様に尼崎センタープール(競艇場)に通っていましたよ。どうやってカネを工面していたのか、もしかしたらそこに拉致につながるワナがあったのかもしれませんね。来大の韓龍大(ハン・ヨンデ、田中が勤めていた中華料理店「来大」経営者)に借金をしていたのは間違いないですね。すでにそこから拉致が始まっていたのではないかな?」と語った。これでもかと取材を重ね、田中の恩師である神戸工業高校元教諭の渡辺友夫など面会可能な関係者の話はすべて聞いたつもりだったが、この話は初めて聞いた。

さらに金田について、「田中と金田は、ほんまに兄弟でした。金田は、仕事がなかなか続かなくて、転職を繰り返していましたね。それと、相当ヤンチャだった。恵まれない環境に育ったことが、金田からはつよく感じられました。」と語った。田中に比べ極めて情報が少ない金田の性格に関する証言である。

昨年末、私が田中実拉致事件を書き始めたということを聞きつけ来阪した政府関係者に、この新証言をぶつけてみた。彼は本庄寿司の店主が証言した、オーストリアから届いたとされる金田宛の手紙について、「その手紙は、本当にあったのか、実は信憑性が疑われています。どうも警察も手紙自体を入手しておらず、作り話が流布された可能性を疑っています。田中が金田を誘ったという事は概ね事実だとすると、手紙ではなく口頭だった可能性があります。」これが真実なら田中実拉致事件の様相は一変する。

昨年政府は平成26年(2014年)に北朝鮮が田中実の入国を認めたと、4年も経ってから明らかにしたが、何が決め手となったのか明らかにされていない。ウラ取りに成功した新事実があったに違いないのである。

オーストリアのウィーンへ渡ったとされる田中が、どのように金田を誘ったのか。口頭だとしたら、国際電話か、否、直接会話させるような危険は冒さないだろう。すると残された可能性として、二人が信頼する第三者が、まことしやかに「田中から聞いたのだが、彼は貴方に早く来るように言っている」という事を伝え、金田を信用させ、出国の決心をさせたという事が考えられる。もしかしたら、この第三者の証言がウラ取り出来たとすると、それが決め手となる事はあり得る。

更に、政府関係者は興味深い事を語った。「田中と金田の北朝鮮入国を政府が認めたという事は、二人が生きているという事です。当時オーストリアのウィーンには、今は閉鎖しているゴールドスター銀行が支店を構えており、田中はそこに足跡を残している様です・・・」ゴールドスター銀行は、核ミサイル開発に関わった企業として制裁対象になった事で有名だが、まさか田中実拉致事件で名前が上がるとは思わなかった。

15年以上前の偽会計係・金の話の背景も、つい最近入手した政府関係者の話も、「北朝鮮の貿易活動に関わる商工人の動き」というキーワードでつながる。我が国では、核・ミサイル開発と拉致を別のものとして扱う傾向が強いが、このキーワードの延長線上として捉えるなら一体のものである。

田中実拉致事件の実行犯直撃へ筆を進める前に、事件の構造がよく似ている松本京子事件(全3回)を取り上げて、北朝鮮の工作機関について考えてみたい。田中実拉致事件については、その後再開する。

次号は松本京子拉致事件第1回を配信します。

<お詫び>
本号は1月17日に配信予定でしたが、編集長の体調不良により遅延しました。心からお詫び申し上げます。松本京子拉致事件第1回は臨時にて、1月28日(月)に、第2回は予定通り1月31日(木)に配信させて頂きます。

コメント

非公開コメント
Profile

佐村多賀雄

samurajournal

大阪芸術大学卒。地方紙記者、講談社フライデー、そして週刊現代を経てフリーに。週間フライデー拉致犯追跡チームにて拉致実行犯に対し直撃取材を何度も試み、多くのセンセーショナルな記事をあげる。その膨大な取材量と捜査員など関係者一同からの聞き取り調査は、現在においても色あせることはない。『なぜ犯人が捕まらないのか❓』という疑問に対し、現場の最前線でこの20年近く向き合い続けてきた、拉致事件を専門に扱う異色のジャーナリスト。

Search

検索フォーム

RSS

RSSリンクの表示

QR Cord

QRコード

QR