FC2ブログ

拉致被害者松本京子の兄、松本孟との一問一答|【松本京子拉致事件】第2回

※この記事は最後まで無料でお読みいただけます。

松本京子(政府認定拉致被害者)
松本京子=失踪当時(29)=は、昭和52年(1977年)10月21日午後8時ごろ、編み物教室に行くため外出。近所の人が自宅近くで、彼女とみられる女性が男2人と話しているのを目撃し、声を掛けたが、その目撃者は二人の男の内の一人に殴られて負傷した。男らは海岸方向に向かい、松本さんは行方不明となった。北朝鮮政府は平成16年(2004年)11月の実務者協議で、松本さんについて「入国は確認できなかった」と回答していたが、日本政府は2年後の平成18年11月20日に北朝鮮による拉致事件と断定した。〔出典:特定失踪者問題調査会〕


本回は松本京子拉致事件の第2回目。第2回目では松本京子の兄、松本孟さんとのロングインタビューを掲載します。私が取材していた当時、現地の米子市内で松本孟さんに取材申し込みをし、ご承諾頂きました。ぜひご一読ください。

北朝鮮現地で地村保の目撃証言も!?


現地での聞き込み取材も進まず、松本京子拉致事件の実行犯や組織は、一向に見えてこなかった。せっかく現地入りしたので、松本京子の兄で拉致被害者家族会メンバーの松本孟(はじめ)にインタビューを申し込んだ。承諾を頂き米子市内へ行った。「新事実は期待できないが・・・」と思っていた。ロングインタビューだった。取材メモをひもとき肝心な部分を一問一答の形で再現する。

(佐村)最近、国から何か聞いてませんか?

(松本孟)京子の新事実は、本当に全くないですね。2年前に福井県での講演会に参加したとき、地村保志さんから『京子さんは先生をしていますよ』と聞いて以来、何もないのですよ

(佐村)えっ、何ですか?

(松本孟) ああ、知りませんでしたか。ごく短時間でしたけど、地村保志さんと話す機会があって、向こうからそう話してくれたのです。どうも日本語の先生という事でした。

(佐村)京子さんの生存情報を聞いたのは初めてでしたか?

(松本孟)はい、それも帰国された拉致被害者が話した言葉ですから重みがあるでしょう。要するに帰国した人らは、京子の事も他の人たちの事も知っているのだと思いました。もちろん日本政府も知っているという事ですよね。それならどうして政府から言ってくれなかったのか。隠すことないじゃないですか。新聞もマスコミも知らん顔です。これが拉致の現実かなあと思いました。

(佐村)安倍首相は、拉致被害者全員帰国、真相究明、実行犯引き渡しと言ってますよね。でも知ってる真相は言わないという事ですか?

(松本孟)帰国した人らと一番早く接触しているのですから、堂々と事実を言ってほしいですよ。日本政府の強い姿勢というかイニシアチブを示して欲しいです。

(佐村)京子さんが拉致された日、近所で傷害事件が発生しましたよね。目撃者が不振に思って、京子さんと一緒にいた怪しげな男たちに声を掛けてその目撃者が男たちに襲われた…あの事件。でも犯人は捕まりませんでした。不思議だと思うのですが・・・?

(松本孟)そう言われるには、よく分かります。(その目撃者は)ご近所さんでした。もう亡くなりましたが、よく声を掛けてくれたと思います。ちゃんと犯人を捕まえていたら、京子の拉致はなかった。でも警察は何も話してくれません。どうしてですかね。

(佐村)拉致をするには、大掛かりな準備が必要で、必ずアジトがあったと思うのですが、何か聞いてますか?事情を知っている可能性が指摘されているAは、取材拒否でした。

(松本孟)米子に住んでいるAさんですよね。調査会の妹原(せはら)さんが話していた人ですね。他のマスコミはどこも追いかけていないみたいです。彼は海岸に掘られた穴について詳しい証言をしているみたいです。穴の中には乱数表や機械が残っていたらしいのです。Aさんは見たと言っていると聞きました。

※ 捕捉説明
妹原仁(せはらひとし)特定失踪者問題調査会顧問、元・救う会鳥取事務局長、長年にわたり松本京子事件の追求を行う。妹原に対し、Aは事件直後の様子を詳細に話した。

(佐村)そうですか、僕が聞いているのは、穴の中にハングルの本があったという話しでした。あの穴がアジトだったと考えられますか?

(松本孟)私はそう思ってます。まさかの乱数表ですからね。逆に聞きたいのですが、京子の拉致は日や時間も決まっていたのですか?

(佐村)決まっていましたね。字出津事件のときは、約一週間前から決まっていたみたいです。それで最終段階で決行するかどうかは短波ラジオから指令が流れて来ます。乱数表は短波ラジオの暗号解読に使われます。警察も知っているはずです。

(松本孟)それなら京子の場合も決まっていたのですね。あの傷害事件で犯人を捕まえておけば・・・。でも何故京子になったのかなあ?

(佐村)たぶんですが、京子さんのスケジュールとかも完全に把握されていたはずです。土台人か日本人協力者が相当前から近づいていて、調べていたと思います。京子さんが勤めていた会社も怪しいですね。

(松本孟)京子と近い人物だったかもしれませんね。でも、京子の周りに怪しい人がいた等とは聞いたことはないですよ。

(佐村)捜査の経過報告とか、なかったですか?

(松本孟)全くないです。だから地村さんの話は大きな事なのです。

(佐村)そうですね。ただ僕が聞いている目撃情報とは違います。貿易関係の仕事をしているという事を聞いています。最後に、孟さんが現状で強く思う事は何ですか?

(松本孟)言いたいことは山ほどあります。マスコミも集会が開かれたという結果を報道するのではなく、何が訴えられていたのか、何が問題なのかを国民に伝えて欲しいです。今年こそは、今年こそはと待つしかいないと思うと不安でなりません。新事実、新情報が欲しいです。

以上がインタビューの概要である。帰国した拉致被害者が語った目撃証言のもつ意味は非常に大きい。特に政府の意向を如実に現している点において、動かぬ証拠と言っても良いだろう。次回、動かぬ証拠を関係筋に質した内容、更には松本孟の最新インタビューをお伝えします。

コメント

非公開コメント
Profile

佐村多賀雄

samurajournal

大阪芸術大学卒。地方紙記者、講談社フライデー、そして週刊現代を経てフリーに。週間フライデー拉致犯追跡チームにて拉致実行犯に対し直撃取材を何度も試み、多くのセンセーショナルな記事をあげる。その膨大な取材量と捜査員など関係者一同からの聞き取り調査は、現在においても色あせることはない。『なぜ犯人が捕まらないのか❓』という疑問に対し、現場の最前線でこの20年近く向き合い続けてきた、拉致事件を専門に扱う異色のジャーナリスト。

Search

検索フォーム

RSS

RSSリンクの表示

QR Cord

QRコード

QR