FC2ブログ

松本京子はなぜ拉致認定されたのか!?|【松本京子拉致事件】第3回(最終回)

※この記事は最後まで無料でお読みいただけます。

松本京子(政府認定拉致被害者)
松本京子=失踪当時(29)=は、昭和52年(1977年)10月21日午後8時ごろ、編み物教室に行くため外出。近所の人が自宅近くで、彼女とみられる女性が男2人と話しているのを目撃し、声を掛けたが、その目撃者は二人の男の内の一人に殴られて負傷した。男らは海岸方向に向かい、松本さんは行方不明となった。北朝鮮政府は平成16年(2004年)11月の実務者協議で、松本さんについて「入国は確認できなかった」と回答していたが、日本政府は2年後の平成18年11月20日に北朝鮮による拉致事件と断定した。〔出典:特定失踪者問題調査会〕


本回は松本京子拉致事件の第3回目(最終回)。第3目ではなぜ松本京子が拉致認定をされたのか、拉致と朝鮮商工人との関わりより説明していきます。拉致事件認定を拒否することで、事件そのものを縮小化することに固執する戦後日本政府。戦後日本政府の外交方針である『外国様には逆らわない』という掛け声の下、特に朝鮮には及び腰である日本政府。そんな彼らがなぜ松本京子を拉致認定したのか。拉致認定をせざるを得なかった決定的な事実とは何だったのか。ぜひご一読ください。
matumotokyouko rati
FLYDAY平成18年(2006年)12月8日発刊。松本京子目撃情報のスクープ掲載号、本稿で詳述する内容を報じた。

決め手は「キョンジャ(京子)」


松本京子の拉致被害者認定について、その経緯と背景を探ると、前回までに述べたように商工人との深い関わりが明らかになる。拉致事件を実行あるいは後方支援する組織は、商工人の活動と密接な関わりをもつ場合が多いことを伺わせるものだ。田中実拉致事件にも共通する。北朝鮮の対日工作の傾向を分析するうえで重要な手がかりである。


決め手は「キョンジャ(京子)」という電話の声だった。

米子市内で調査を進めていた特定失踪者問題調査会の妹原、東アジアネットワークの石原、さらに神戸から岡田和典(特定失踪者問題調査会顧問)が加わり、聞き込み調査から、境港市で北朝鮮と貿易をしている人が、「キョンジャ」という声を聞いたらしいという噂にたどり着いた。「キョンジャ」とは「京子」の朝鮮語読みしたときの発音である。北朝鮮と国際電話で商談を行っていた貿易商が、電話の向こうでこの声を聞いたとう。これが端緒となり、公安当局はこの貿易商を突き止め、同人が持っていた領収書などの文書類の筆跡を徹底的に照合したという。北朝鮮の貿易に関わる活動に関与していたとうこの情報は、私が初回に書いた瀋陽での目撃情報とも合致する。しかし、拉致認定に際して発表された政府見解に、これらの事は一切触れられていない。

松本京子の拉致認定について、その背景に商工人が関与していることは、もはや疑い様のない事実である。一方、拉致を可能とした地政学的背景についても述べなくてはならない。島根半島の沖合50㎞には、隠岐島がある。北朝鮮が隠岐島近海で密貿易を行っているのは有名である。沖合で行う「瀬取り(せどり)」が横行しており、悪天候などで事故も多発、行方不明者も発生している。これらは海難事故として扱われ、死亡認定(海上保安庁が海難事故で一定期間行方不明となった人物を死亡と認定するもの)されている。遺族も保険金が支払われるので、これを受け入れているようだが、中には北朝鮮に連行されている者もいるかもしれない。国籍不明の不審船目撃情報も極めて多い。実は松本京子が拉致された日の前後にも、目撃情報が寄せられていた。

matumotokyoko

画像左隅には拉致現場に続く松林の写真が見られる。竹林や松林などと隣接する浜辺が拉致工作の現場としてよく利用されている。他にも人通りが少なく、リアス式海岸のように岩場が密集した浜辺は北朝鮮工作員がよく好む場所だ。松本京子拉致事件の事件現場も見事にこれと符合している。


捜査ミスの疑い?弟の行方を追った警察


公安当局は、大阪在住の松本京子の弟からも事情聴取していることが分かっている。調査会の妹原が入手した情報によると、当初この弟が疑われていたという。私は大阪府警にウラ取り取材を行ったが、ゼロ回答だった。府警のガードの高さが、「何か」を臭わせていた。

松本京子が失踪した同時期、弟も行方不明だった。鳥取県の皆生温泉で働いていた彼は、その後大阪市西成区で発見される。失踪時期が同じという事で松本京子拉致事件の捜査対象となった訳であるが、結果無関係であった。この時点で、捜査対象を拉致当日に発生した傷害事件に焦点を合わせていたなら、拉致は防げずとも、事件の全貌を明らかにすることが出来たはずである。初動のみならずその後の捜査も見当違いであり、捜査ミスが疑われる。

事件の直後、砂浜に掘られた穴が発見され、そこから乱数表などが押収されたという事は前号までに述べた。私は穴の第一発見者Mに何度も取材を試みたが、彼は最後まで取材拒否を貫いた。

一連の取材の後であるが、関係筋の話として、調査会の妹原などに情報提供した元捜査員の退職金が減額になったという情報が入った。警察内部での見せしめだったのだろう。こうして見るとMに対して箝口令が敷かれていたことにも納得できる。真相を語る者の口を徹底的に押さえようとした当局の姿勢がよく分かる。

なお、問題視された情報内容は、境港市の貿易商が持っていた領収書などの文書類の筆跡鑑定の結果だ。松本京子のものと85%の確率で一致していたが、断定するには95%以上が必要であった。しかし疑いが濃厚であり拉致認定の決め手になったというものだった。拉致実行犯を追う難しさがご理解頂けると思う。私たちは北朝鮮の秘密主義と、日本国の秘密主義という2つの壁を乗り越えなければならないのだ。

次号から田中実拉致事件に戻ります。第4回は拉致実行犯直撃について配信しますので、お楽しみに!無料配信は今回までです。次号からは有料記事となります。

コメント

非公開コメント
Profile

佐村多賀雄

samurajournal

大阪芸術大学卒。地方紙記者、講談社フライデー、そして週刊現代を経てフリーに。週間フライデー拉致犯追跡チームにて拉致実行犯に対し直撃取材を何度も試み、多くのセンセーショナルな記事をあげる。その膨大な取材量と捜査員など関係者一同からの聞き取り調査は、現在においても色あせることはない。『なぜ犯人が捕まらないのか❓』という疑問に対し、現場の最前線でこの20年近く向き合い続けてきた、拉致事件を専門に扱う異色のジャーナリスト。

Search

検索フォーム

RSS

RSSリンクの表示

QR Cord

QRコード

QR